1. TOP
  2. 美容効果満載のユーグレナで美人力アップ!

美容効果満載のユーグレナで美人力アップ!

 2015/05/26 ケア スキンケア ヘアケア ボディケア 女子メモ
この記事は約 6 分で読めます。 174 Views

以前から多くの方面から注目を集めている「ユーグレナ」

「ユーグレナ」というのは、ラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味で、1960年代に「微生物学の父」オランダのアントニ・ファン・レーウェンフック氏が発見して以来、その興味深い生態や能力から様々な研究がなされ続けています。

 

なかでも最近さらに注目を集めるようになった理由の一つが、ユーグレナの持つ栄養素と能力です。食糧問題や環境問題、資源問題に効果があるという様々な能力のなかでも、特に美容に絞ってご紹介しますね。

 

美容効果大のユーグレナの恐るべき能力

 

ユーグレナ(ミドリムシ)って何?

 

最近耳にすることが多いユーグレナの和名は「ミドリムシ」

「ムシ」というとちょっと抵抗がありますが、実は淡水で育つ藻類の微生物なんです。

大きさもたったの約0.05mmと髪の毛よりも細く、透き通った美しい形をしています。

クリップボード01

画像出典元:euglena

ですが、5億年以上前から存在することがわかっており、植物として光合成と炭素固定を行いつつ、動物として変形して自ら動くという”植物でもあり動物でもある”という複雑で魅力的な性質を持った微生物なんですよ。

 

ユーグレナの驚くべきパワー

ユーグレナは、太陽光と水と二酸化炭素によって光合成を行い成長しつつ、酸素やさまざまな栄養素を作り出します。

 

高い栄養効率と豊富な栄養素

ユーグレナの栄養素の生産効率は非常に高く、稲の約十数倍とも言われています。

 

含んでいる栄養素は59種類!これは人間が生きていくために必要な栄養素の大半をカバーしています。

59種類の内容としては、

ビタミン 14種類
  • β-カロテン
  • α-カロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK1
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸
ミネラル 9種類
  • マンガン
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • リン
  • ナトリウム
アミノ酸 18種類
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • アラニン
  • アルギニン
  • リジン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸
  • プロリン
  • スレオニン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • ヒスチジン
  • チロシン
  • トリプトファン
  • グリシン
  • セリン
  • シスチン
不飽和脂肪酸 11種類
  • DHA
  • EPA
  • パルミトレイン酸
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • リノレン酸
  • エイコサジエン酸
  • アラキドン酸
  • ドコサテトラエン酸
  • ドコサペンタエン酸
  • ジホモγ-リノレン酸
そのほか 7種類
  • パラミロン(β-グルカン)
  • クロロフィル
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • GABA
  • スペルミジン
  • プトレッシン

 

これだけさまざまな栄養素を含むユーグレナには細胞壁がありません。その結果、摂取するとその栄養消化率は驚異の93.1%と栄養のほとんどを取り込むことができます。

どの成分も人間の健康や美容にとても役立つ成分ですが、なかでも注目なのが以下の成分です。

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s

青魚だけじゃない!豊富なDHA

ユーグレナのもつDHAは、よく知られている通り血液をサラサラにしコレステロールとともに中性脂肪の値も低下させ、全身に酸素と栄養素をスムーズかつ効率的に行き渡らせることができるようになります。

その結果、細胞の新陳代謝も正常に行われて美容に良いだけでなく、脳の活性化や全身の健康に大きく役立ちます。

 

免疫力を活性化する亜鉛

人間が体内で作り出すことができない必須ミネラルである亜鉛には、細胞分裂や新陳代謝を促進し、タンパク質の合成や抗酸化、免疫活性化、育毛などの効果があるので、美肌づくりや美髪づくりにも大変効果的です。

9a8b80345d3c5f56d227641578b86a2c_s

「若返りのビタミン」ビタミンEで美肌効果

抗酸化作用や血行促進効果のあるビタミンEが豊富なため、肌の代謝がアップし、肌のくすみやシミ等にお悩みのエイジングサインの改善に役立ちます。

 

「緑の血液」クロロフィルで体内から元気

造血作用に優れ、血液をサラサラにしてくれるだけでなく、コレステロールの減少効果もあります。

さらに小腸に溜まった有害物質を吸着して排出してくれるデトックス効果もあります。

 

ユーグレナだけが持つパラミロン(β-グルカン)

注目なのは、この食物繊維であるパラミロン(β-グルカン)という成分。

これは現在わかっているところによればユーグレナだけが持っているもので、免疫機能の向上やガン抑制、アトピー性皮膚炎、抗ウイルスなどへの効果が期待されています。整腸効果も高く、便秘改善にも効果的なので美容方面からの注目も高い成分です。

bee0dc681627156792565e3a29483bd5_s

どうやって摂取すればよいの?

ユーグレナはサプリメントとして摂取するだけでなく、最近では食品や飲料でユーグレナを配合した商品が数多く販売されているのでそれらを上手に利用するのもオススメ。

とくにユーグレナは乳酸菌の働きを高める働きもあるため、ヨーグルトや牛乳、チーズなどと一緒に摂取すると良いですよ。

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s

また上記で紹介したように美肌や美容にうれしい成分がたっぷり含まれているユーグレナを化粧品に取り込んだ商品も数多く販売されているので、肌から取り入れるのも名案。

 

ユーグレナに副作用はあるの?

ユーグレナは動物でもあり植物でもある生き物です。

副作用がないことは証明されているので安心して摂取することができます。

しかし添加物には注意が必要。ユーグレナそのものは人間に害や副作用をもたらしませんが、商品に含まれる添加物がなんらかの影響を与えることもあるため、信頼できる商品をしっかり選ぶことが大事です。

 

他にもすごい!ユーグレナの能力

二酸化炭素を吸収して環境問題も解決

またユーグレナは、二酸化炭素を固定化して酸素を作る生産効率が非常に高いことも注目のポイントです。

ユーグレナが成長する時、”熱帯雨林の数十倍とも言われる速度で、地球温暖化の原因とも言われている二酸化炭素を吸収・固定化”してくれます。

また非常に高濃度の二酸化炭素の中でも生きていける適応能力の高さもあります。

これによって、地球温暖化の解決に役立てることができると言われています。

3708b6f182f9ece58c879facae587455_s

バイオ燃料まで作れる能力アリ

光合成を行い二酸化炭素を固定して成長するときに作り出す油脂分がバイオ燃料の元として利用可能なことがわかっています。このバイオ燃料がジェット燃料にそっくりなので、エネルギー問題に役立てることができるかもしれない点も高い注目を集めています。

 

まとめ

以上、ユーグレナの優れた能力と効果についてご紹介しましたが、美容や健康、果ては環境問題や資源問題にまで影響を与える興味深い生物ということは伝わったでしょうか。

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s
美容に欠かせない豊富な栄養素を含むユーグレナを取り入れたくなったのではないでしょうか。

ぜひ魅惑の生物ユーグレナを取り入れて、美しく健康な毎日を手に入れましょう!

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

イマドキ女子の情報サイト 女子メモの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イマドキ女子の情報サイト 女子メモの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

timuna

この人が書いた記事  記事一覧

  • いつでもどこでも無料で簡単!耳つぼダイエットの効果とやり方

  • みるみる小顔に!?舌回し運動のやり方と効果

  • 捨てないで!美容と健康にホエーの活用方法とレシピ♪

  • 39度のとろけそうな日!熱中症の症状と7つの対策

関連記事

  • おいしくて栄養最強!今注目のヘンプシードの効能とレシピ5選

  • 見た目も味もクセになる!メイソンジャーサラダおすすめレシピ8選

  • 正しいお白湯(さゆ)の作り方と女性に嬉しい10個の効果

  • これからの夏の新定番!万能【ヒバオイル】の効能と使い方

  • 39度のとろけそうな日!熱中症の症状と7つの対策

  • 【バレンタインにも】お家で簡単!チョコレートチャンクピザの作り方