1. TOP
  2. 紫外線は90%カットできる!日傘の正しい差し方と効果

紫外線は90%カットできる!日傘の正しい差し方と効果

 2015/07/04 スキンケア 美肌
この記事は約 5 分で読めます。 3,056 Views

暑い日差しをカットしたり、紫外線をカットするのに効果的な日傘。

差しているのと差していないのでは大きな違いがありますが、どのようなものを選べばいいかわからない、という人も少なくないでしょう。

中には差し方を間違えて、紫外線カットの効果を大きく損なっているという人もいるかもしれませんね。

一度日傘の効果的な差し方を知っておけば、長くずっと日傘での紫外線カットや美白、夏場の熱中症対策などが出来るでしょう。もちろん同じ日傘でもより効果を出したいという人もいるかもしれません。

頭から腕までだけではなく、場合によっては全身を紫外線から守ってくれることもあるでしょう。

そんないろいろな効果のある日傘ですが、気をつけたいことは3つです。

『あまり古いものは使わない』ということ、『なるだけ体に近づけて差す』ということ、『日焼け止めと併用して使う』ということです。

この3つで夏の美白対策にもなりますし、熱中症などの対策にもなるでしょう。

では、実際に見て行きましょう。

あまり古いものは使わない

日傘 さし方

まず、日傘はあまり古いものは使わないようにしましょう。少なくとも3年前のものならば少しもったいないと思うかもしれませんが、処分してください。

これには、紫外線カットの効果がある日傘ならではの原因として、あまり古いとUVカット効果が薄れる、ということがあります。

これは毎日の仕様によりUVカット加工が薄くなってしまうということもありますが、傘の布そのものが擦り切れて古くなり、その擦り切れたところから紫外線が入ってくることがあるためです。

紫外線カットは他の傘と違い、日傘独特の用途です。もし紫外線を意識して使うのならば、なるだけ新しいもののほうがいいのに越したことはありません。

ベストはその年の春先に買い、秋になったら捨てるというものです。1年しか持ちませんが、紫外線カットは数年間も持つものではないため、意外と消耗品でもあるのです。

ちなみに数年間使っていない、買ってから使っていないという傘も手放した方がいいでしょう。UVカット傘の中には使っていなくても劣化するものがあるのです。

体に近づけて差すほうが紫外線カット効果は高い

もう一つはなるだけ体に近づけて差すということでしょう。

差し方としては当たり前かもしれませんが、なるだけ影になる部分を体に近づけることで、頭だけではなく首や腕などもカバーでき、非常に紫外線カット効果が高くなるのです。

体に近づけて差すことにより、体の中心を影の中に入れることが出来ますので、紫外線カット出来る面積はより高くなり、また体でカバーできる範囲も大きくなるため、より効果は高いといってもいいでしょう。

また、日傘は黒のほうが紫外線カット出来る効果は高く、紫外線を意識するのならこれに越したことはありません。

また、UVカット加工がある傘のほうがより良くなります。

また、目元も日陰になるようにしておくと、目元のケアや顔そのもののUVケアも出来ます。

また、しゃがんだ時の脚なども入れてしまえばさらに全身ケアが出来るでしょう。なるだけ柄の部分は短く持ち、日陰の中に体中が入るようにすると、効果が高くなります。

日焼け止めと併用して使う

もし紫外線を意識しているのなら、もちろん日焼け止めを併用した方がいいものです。

日焼け止めにも様々な種類がありますが、日傘を差しているのならあまり紫外線は意識せず、肌にやさしいSPF20から30程度のものでも十分です。使うなら、顔用とボディ用を分けて使いましょう。

日傘は確かに紫外線カットに良いものです。ただ、差し方にいくら注意しても日傘から出てしまう部位はあるでしょう。このような不本意なところが焼けてしまうのを防ぐためにも、紫外線カットを考えるなら日焼け止めを併用するのに越したことはありません。

ただ、日焼け止めはなるだけ毎日つけて、こまめに塗り直しをした方がいいでしょう。汗を拭ったら塗り直しをするというように意識しておくと、日焼け止めの効果が長く続きます。

関連記事 【注意】間違った日焼け止めの塗り方は、シミの原因に??

ちなみに傘に日焼け止めを塗る、ということをしている人がいるようですが、これはあまり効果がありません

むしろ傘が劣化してしまうこともあるので、避けたほうがいいでしょう。

熱中症対策に

今年の夏も暑くなりそうです。

毎年、60000人近い人が熱中症により救急搬送されています。

日傘をさすだけでも直射日光を遮ることができ、暑さを軽減することができます。

オススメの日傘

完全遮光日傘

完全遮光日傘というものがあります。

読んで字の通り、日差しを100%遮ってくれる傘です。

日差しの遮断効果が高いので、他の日傘より暑さも軽減します。

まとめ

日傘はサンケアだけではなく夏場の暑さやだるさを解消してくれるアイテムでもあります。
暑い一日をより過ごしやすくするのにとてもいいものですが、差し方に少し気をつけるとより紫外線カットが効率良く出来るでしょう。

最近は様々な紫外線カットの日傘が出ていますが、意外とその種類は豊富です。
もちろん傘の選び方によって紫外線カット出来る種類は変わってきますが、比較的安いものでも高いUVカットケアがなされている日傘も多くなってきました。

このため、より差し方を少し工夫するとますます効果的になるでしょう。
ちなみに、晴雨兼用と晴れの時専用のものとありますが、どちらを使っても構いません。一本で済む方を使うとより簡単になりますし荷物も増えず楽でしょう。

通気性やデザインなどを考えてよりお気に入りの日傘を選ぶと、夏のカンカン照りの日でも楽しく過ごせるのではないでしょうか。日傘はとてもいいアイテムです。今年の夏からでもぜひ試してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

イマドキ女子の情報サイト 女子メモの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イマドキ女子の情報サイト 女子メモの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

hourly

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪裏難波のオススメバルが集まった【虎目横丁】全店紹介

  • 予約が取れない大人気の大阪の面白いお店 駄菓子バーに行って来た!

  • ほぼ生肉!?超レアな【牛かつ】もと村 大阪難波店に行ってきた!

  • 大阪の馬肉料理専門のバル 梅田お初天神PEROに行ってきました!

関連記事

  • ココナッツオイルの使い方 簡単!人気レシピ19選

  • 【必須脂肪酸】ウドズオイルで体の内面から美しく健康に

  • 【美肌】コスパ最高のスキンケア!ベビーパウダー5つの使い方と注意点

  • 凄すぎる!【ココナッツオイル】7つの使い方と11の効能

  • 美容も健康も!お風呂に浸かることで得られる10つの嬉しい効果

  • 捨てないで!美容と健康にホエーの活用方法とレシピ♪